パン屋のおねえさん

おみせやさん

保育園帰りに毎日前を通る商店街のパン屋さん。

最近、新しいレジのお姉さんが加わりました。

 

まだ数回しか会っていませんが、

4歳の娘はそのお姉さんが大好きなのです。

娘と息子とパンを買いに行くと

ちょうど、そのお姉さんがレジの担当でした。

 

娘はレジの間ずっと話しかけています。

おしゃべりなのに、慣れるのに時間のかかる娘にしては

びっくりする馴染み具合です。

 

「こっちがわたしので、こっちがにーにの」と解説。

パンを小袋に入れる時のワックスペーパーを見て「どうして、それ入れるの?」

レジ横のセロテープを指さし「それは使わないの?」

その度にお姉さんは、ちゃんと答えてくれるのです。

「ソースがつかないようにだよ」

「こっちの袋を留める時に使うよ」

 

481円のお会計で、私が1001円を支払うと

ずっと妹を面倒くさそうに見ていた息子が

おつりの計算を試みました。

「520円だ!」と息子が答えを出すまで

お姉さんはレジを打つのを待っていてくれました。

 

こどもたちを見守ってくださる大人の視点。

すてきに働く大人を見るこどもの視点。

そのどちらもが、私には嬉しく、有難く思うのでした。