新しい命に想う

春

春になると、小学校の国語の教科書に出ていた物語を思い出します。

ねこの赤ちゃんが生まれ、いぬの赤ちゃんが生まれ

「わたし」の家にも赤ちゃんが生まれる、

その静かな喜びが、繰り返しの手法で描かれたお話。

このお話の季節はいつだと思う?って先生が質問されたのです。

誰が答えたのか、答えていないのか覚えていませんが、

先生が続けた言葉は覚えています。

―ねこや犬の赤ちゃんが生まれる季節だから、春ですね。

それは、知っているようで認識していない、新しい知識でした。

 

そうか、動物が生まれる季節って決まっているんだ。

花が咲き、緑が芽吹くだけではなく

動物の命も多く誕生するんだ・・・

そのことは、季節の移ろいの中に命があるという

ある種の感動だったように思います。

 

わたし自身のこどもたちも随分大きくなりました。

1人目のこどもは本当に寝つきが良くなかった、と言いながら、

今では

それは、こどもの性質ではなく、私の心がリラックスしていなかったからだなぁと

良く分かります。

いいお母さんであろうと思っていました。

こどもをちゃんと寝かしつけて、寝ている間にごはん作って、そうじもちゃんとして

そういう、きちんとしたお母さんでなくちゃいけない、と思っていました。

 

今なら、

きちんとしてなくてもいいから

こどもの可愛さを、もっともっと眺めていたらどうかしら・・・と

そう伝えたい気がします。

 

春。

新しい命たちと

新しい命を授かった、新米のお母さんたちに

ゆっくり、ゆっくりね、と

そんな風に思ってもらえるような、そんな自分になれたら、と思うのでした。