夏休みの余白

夏休みです。

小学生にとって、長い長い夏休みが始まりました。

 

夏休み、どんな風に過ごすのがすてきなのかしら。

 

もちろん、「すてき」の価値観は一人ひとり違って当然。

目一杯遊ぶのが良いとか。

計画立てて勉強するのが良いとか。

キャンプや自然体験が良いとか。

 

けれど、その全てに共通する「夏休みにしかないこと」というのは

圧倒的な「余白」ではないかと思うのです。

 

子どもにとっては、たぶん手に余るほど長い時間。

そこを、どうやって過ごそうかと考え、思いあぐね

時に持て余し、退屈し、

時に浮かれて、非日常を味わう。

そうやって彼らは、自分に預けられた時間を

自分なりにどう使おうかと、託される練習をするんだと思う。

 

今のこどもたちは、いそがしい。

いそがしい、の意味するところは、単にスケジュールが詰まっていることではない。

自分で何をしようか考えなくても、しなくちゃいけないことが決まっていて

順番に、こなしていけば、毎日を送れるようになっている。

 

そんな子どもたちにとって

自分の時間の使い方を自分で考える、という経験は

大人が意識して、確保する必要さえあると思う。

 

だから、夏休み。

もちろん、子どもに経験してもらいたい

旅行や、キャンプや、ワークショップや、遊びや、勉強もの計画もすてき。

でも、それと同じように

意識して「余白」の計画も、大切にできたら、と思う。

 

だから、お父さん・お母さん、「どこにも連れてってあげられない」と嘆くのではなく

胸を張って自信を持って、我が子の「余白」を守りましょ。