おすすめ絵本『ええことするのはええもんや!』

絵本

『おこだでませんように』で、大人たちをはっとさせた

くすのきまさしげさんの絵本は、心ゆさぶられることが多いです。

 

今日は図書館で手にとって、感嘆したこの絵本。

 

『ええことするのはええもんや!』 くすのきまさしげ作・福田岩緒絵/えほんの杜

 

主人公の「ぼく」が、電動車椅子の電源が切れてしまった「おっちゃん」を

何気なくお手伝いしたところから話が始まるこの絵本。

通りかかるみんなから「えらいね」とほめられて

ほめられる快感を目的にしてしまった「ぼく」の姿が

ものすごくリアリティがあって、

その浮かれた気持ちも、後悔も、どちらも、よく分かるのです。

 

「いいことしましょう」という、よくあるお題目からもう1歩進んで、

「ほめられる自分に酔う姿」をちゃんと描いたところに、好感が持てるのでした。

 

高校生の頃の私は、こんなことばかり話していました。

ボランティア、という活動の形は今ほど一般化されていなくて

自分の活動を説明すると、必ず「えらいね」と言って頂きました。

そして、そう言葉をかけて頂くたびに

「認めて頂ける誇らしさ」や

「楽しくてやってるだけなのに過剰に褒められる居心地の悪さ」や

「イイ子ぶってる、って思われてる疎外感」を感じて

説明をすることが面倒に思えることも多々ありました。

 

そんな気持ちの間で揺れつつも、私が納得した考え方は

「いいことだからやっているのではなく、自分がやりたいからやっている」という

ごくごくシンプルな想いでした。

その想いは、今も変わりません。

 

そんな自分の過去を思い出しつつ読むと

絵本の中で、最後に「おっちゃん」のお宅で麦茶を飲む「ぼくたち」の清々しいこと!!

 

「ええこと」って何か?

私だけではなく、この本を手にとるおとなたちにも、こどもたちにも

ちょっぴり立ち止まって考えるきっかけになれば、と思うのでした。