絵本を読むのは「効果」のためなの?

文京子育てひろば

出版不況の中 絵本が好調という

新聞記事を読みました。

絵本が好調なのは良いのですが

「ゼロ歳児から絵本を読ませる親が求めるものは効果」

「ゼロ歳児でも見せると脳が活性化する」

「言葉が早いとイヤイヤ期が短くて済む」

・・・と踊る言葉の数々に違うよねー、と叫びたくなりました。

 

もちろん絵本を読むと いいことは沢山あります。

「効果」もあります。

でもその「効果」が発揮されるのは

こどもが絵本が大好きだから。

親自身が絵本を楽しむから。

 

効果ありきではない。

 

でも。

効果だけを求めてこどもに絵本を提供するのは筋が違うよね、って

批判したところで何の解決にもならない。

 

現実問題として、母たちは

教育的な側面から「遅れてはいけない」と、どこか不安を感じてしまっている。

こどもに良いものを不足なく与えなくてはいけないと

無意識にプレッシャーも抱いている。

 

ならば私にできることは

「効果を目的に絵本を読むこと」を批判することではない。

なにがしかの効果を期待して絵本を手に取った親子に

打算抜きの楽しさを伝えること。

えほんとあそびの会

結局、入口なんて、どこでもいいのだと思う。

最初は「脳を活性化させたい」と思って、絵本に出会っても

そこから、理屈以上の楽しさに出会えたらいい。

ムシロ、そこで楽しさを伝えていくことが、

私の役割だなぁ、と改めて思うのです。

 

絵本は魅力的だと思うからこそ

批判で終わらせるのではなく、楽しさを伝えたい。

その先には、予想もしていないような

広い広い世界に出会えるから。