どんぐりの季節

どんぐり

保育園から帰ってきた娘のカバンの中に

どんぐりのどっさり入ったビニール袋が入っていました。

 

「今日は、どんぐりと、ぼうしつきのどんぐりと、ぼうしをひろった」と話しています。

どんぐりと、ぼうしつきのどんぐりは、別のものなんですね。

そう言えば、こどもの頃、ぼうしつきのどんぐりを見つけると特別な嬉しさがあって

握っているうちに、手の中でぼうしが取れてしまうと、本当にがっかりしたことを覚えています。

 

どんぐりは、こどもにとって宝物。

まるくって、ころころしていて、どうしてか集めたくなるのです。

 

季節の移ろいや、自然からの贈り物を

こどもたちは、言葉ではなくて

魅力的なものへのわくわくを通して、感じているのかもしれません。

おとなが知識として知っている「季節」よりも

彼らは肌で感じる「季節」をもっと深く知っていて、

日々、それを教えてくれているような気がします。

 

あ! どんぐり、みーつけ!