街の中の土・草・葉っぱ

葉っぱのベッド

親子で街を歩くという会が、ちょうど地元で開催されたので、おじゃましてきました。

以前から主催者さんに話は聞いていたものの、ご一緒するのは初めて。

 

こどもたちが主導権を持ち、街のなかでおさんぽをする、という設定は

そんなに奇を衒ったものではないけれど

こどもがどこに行くかを決めることを、その場のすべての大人が尊重する空気は

とても、あったかいものでした。

ワンブロックの間に、興味を惹くものがこんなに沢山あったのか?! とびっくりしたり

1人1人違うこどもの見つけるものの違いを面白がったり

こどもが発揮する「その子らしさ」を大事にしたり。

 

こどもの外遊びって、ついつい大自然の中で駆け回る姿をイメージするけれど

こどもの視点になってみたら、そんなに広い場所はいらない。

ビルで一杯の街の中だって、

ちょっとした土や草、葉っぱをちゃんと見つけて

楽しさをちゃんと味わってる。

 

つつじの小さな小さなつぼみを、黄色い葉に乗せて

「葉っぱのベッドだよ」と喜ぶこどもたち。

街の中にも遊びが一杯かくれてるんですね。