こども食堂

「こども食堂」という取組が、全国に拡がっているようです。

 

一部の小学生の、「夕食を一緒に食べる人がいない」

「栄養バランスの良い夕食を食べていない」、という問題を解決したいと、

全国のあちこちで芽吹いている活動で、ワンコイン程度の安価で食事を提供し、

こどもだけでも食べにくることのできる場所のことです。

 

今日、大田区でこども食堂「だんだん」を主催されていらっしゃる方の講演を聴きました。

 

「こども食堂」ってどんな風に運営されているのかしら、という興味でお話を聴いていたのですが、

経緯や原状を伺っていると、これは「こども食堂」だけの話ではないかも、と気づきました。

 

「だんだん」さんは、「こども食堂」のためだけの場所ではなく

今では毎日のようにイベントがあり、地域の人みんなが使える拠点になっているそうです。

地域には、有償無償に関わらず、色々な活動をしたいと思う方が沢山いらっしゃるから

その人たちにとっても、お役に立てる場があることは幸せ。

その食堂でご飯を頂いたり、勉強を見てもらったりするこどもも、もちろん幸せ。

人と人とがつながりあう1つの象徴としての「場」になっているのだなぁ、と、感動したのでした。

 

「こども食堂」には、今では赤ちゃんを連れたお母さんや独身の男性も訪れるそうです。

まるで大きな家族のようですね。

親だけではなく、こんな風に地域全体がこどもを育てる環境を

実は今の父親母親世代は求めているのかもしれない、とも思うのでした。