学園祭に思う「こどもに遊んでもらう」

学園祭の手作りおもちゃ

こどもたち2人を連れて、学園祭に行きました。

大学の一角に、そこだけちょっと異色な

こどものための人形劇の公演や紙芝居、手作りおもちゃ作りなどの

プログラムを実施しているところがあって、

そこが、私が大学時代に情熱をかけたサークルです。

 

学生さんたちが、こどもたちに話しかけ一緒に遊んでくれる姿を見ながら

自分もかつて、あんな風に、こどもたちと向かい合っていたことを

懐かしく思い出しました。

 

あの頃は「こどもに遊んでもらっている」と、本気で思っていました。

こどもたちに必死で話しかけ、小学生よりも全力で校庭を走り回りました。

もちろん、どこへ行っても大人気。

今なら分かります。

「こどもたちに年齢が近いから」慕ってくれたのではなく

こどもだからと適当にしない、その全力でぶつかる気持ちを受け取ってくれたんだな、って。

 

あの頃から、ずっとこどもに関わることを仕事にしてきて

どんなことをしたらこどもが喜んでくれるのか、経験も重ねてきて

だから、もうあんなに全力をかけなくても、うまくこどもを喜ばせることはできるけれど。

今の私は、もう、学生の時のように

こどもと無我夢中で向き合うような、いい意味での未熟さを

忘れていたかもしれないなぁ、と気付くのでした。

 

時には、大人であることを忘れて

こどもと本気で遊ぶのも、いいかもしれないなぁ・・・。