折り紙のサンタクロース

折り紙のサンタクロース

月1回の保育園訪問の前の日。

こどもたち、みんなに渡そうと思って、チビサンタをいくつもいくつも折っていたら

ずっと昔のクリスマス会を思い出しました。

 

高校生の頃。

私がこんな取組をする入り口になった「おもちゃライブラリー」という活動。

活動に関わるボランティアさんの多くは、子育てを終えたお母さんたちでした。

そんな中、高校生は、私ともう2人の全部で3人。

ちょっと目立つ存在でした。

 

そして、随分たくさんのことを、3人で自由にやらせて頂いていました。

 

ある年の12月。

クリスマス会で配るお菓子の予算だけを告げられ、駄菓子屋問屋に選びに行きました。

選んだお菓子を袋に詰め直し、その袋に1つずつ折り紙のサンタを入れたのです。

100セットくらい作ったでしょうか。

 

その年は、クリスマス会の企画も考えて、遊んで、歌って

会の最後には、お土産にお菓子を配り

私たちは何とも言えぬ「やりとげた感」で1年の活動を締めくくりました。

 

今になって思えば、親元を離れて寮生活していた私も、他の2人も

日常では、ちょっとうまくいかないことを抱えていました。

私たちに、自由に企画させてくれた大人たちは

その背景をよーく分かっていたんだと、私自身が大人になって、ふと気づきます。

 

そして、誰かに喜んでもらえることが、

ちょっとうまくいってない私たちを一番勇気づけるってことも

おとな達はきっと、分かっていたのでしょう。

 

あの年私は、形にならない何かを

サンタクロースから受け取った気がします。

 

もうすぐクリスマス。

今年は、誰に喜んでもらうことができるでしょうか。