働く母はタイヘン、から抜け出す

以前の同僚と会い、働く母としての状況を伝え合いました。

同じ職場で働いていた頃は、自分の業務のことで頭が一杯で

お互いの価値観や仕事観なんて話したことはありませんでした。

でも、今改めて、母として働く想いを伝え合うと

自然と働き方や生き方みたいな深いところにまで話が及ぶから、不思議なものです。

 

こどももいて仕事もしてタイヘンでしょう?!と言われるけれど、あまりタイヘンだとは思わない、

タイヘンそうに振る舞うこといくらでもできるけれど、そうしたくないと思っている、という

彼女の言葉に大いに同意。

 

こどものいる女性だけが職場でタイヘンなのではなくて、

人それぞれに色々な事情があり、その中の1つに過ぎないのだと思う。

ただ、同じ事情を抱えている人が複数いるから目立つだけで。

 

こどももいてタイヘンなのに、その割には頑張ってるんです、という

スタンスを持ち続けるうちは、働く母の立ち位置って、このまま変わらないように思うのです。

 

小さいこどものいる人、介護の必要な家族のいる人、家が遠い人、資格の勉強をしている人、毎週末ボランティアに行く人

・・・色々な事情の人がいる。

それぞれの事情の中で、みんなその人なりに、カッコよく生きてるよねと、そんな風でありたい。

 

何より、自分のこどもに対して

「あなたがいるから、ママのお仕事がこんなにタイヘン」という姿ではなく

「一生懸命お仕事していてカッコイイママ」という姿を見せられた方が、ずっとすてき。

 

そんな想いと経験を、徒然と伝え合いながら、働く女性の在り方について考えることを通して

働く女性だけではなく、そもそもの働き方や評価の在り方、人の能力の認め方を見直すきっかけになれば、と

考えたのでした。