未熟だからこそできること

経験が浅いからこそ、できることがあります。

それは、時間がある、体力がある、自由がある、という、若さの特権という話ではなく

経験がない・知らないことが、逆に強みになるという事例です。

 

 

玩具の会社で働いていた頃、取引先の生産管理をしていた女性が

隙なく、仕事をこなすタイプの人でした。

工場での生産に必要な指示書やデータを必ず納期に工場に届けるために、

数日前からの適格なカウントダウンと、厳しい催促で評判でした。

「また怒られちゃった。」と、同僚たちは苦笑いしながら話していたものです。

まだ入社して数年の若手社員でした。

 

あんなに若いのにしっかりしているね、と話す人もいましたが

彼女の厳しさは経験がないからこそ、でした。

一度、版権元の許諾の兼ね合いで、どうしても納期に間に合わないことがあり

その事情をお伝えしつつ、対処を相談した時の、驚いた表情と

「あぁ、そういう事情があるんですね・・・。」というコメントが印象的でした。

設計図面や指示書を手配するまでの仕事の流れ、

そこに関わるプレイヤーの多さと許諾事項の多さ

知識としては分かっていても、実感を得ないままに、「納期」だけを見ていたからこそ

妥協を許さない、厳しい催促ができたのだと、気づきました。

 

でも、そういう役どころの人が、必要です。

「色々な事情」が分かってしまい、つい催促の手を緩めるよりも

「ここの納期を逃すと生産が遅れてしまう!」と

厳しく催促する立場の人がいるから、スケジュールは守られるのは、言うまでもありません。

 

彼女の仕事ぶりは、経験が浅いからこその輝きだったと、今改めて思うのです。

 

新しい仕事を始める時、最初は誰しも初心者だし、分からないことだらけだし

大きな不安がつきまといます。

でも、「知らない今だからこそできること」があると思っていれば

その状況を逆手にとって、貢献できることだってあるかもしれません。

 

仕事が変わる、状況が変わる、そんなことを

前向きに受け止められたら、と思っています。