もうすぐ復職ですか?

さくらさく季節

保育園に入れないご家庭の問題が世論を賑わせ

有難くも保育園入園がかなった人に言葉をかけることも

ちょっと憚られるかのような雰囲気を感じてしまいます。

とはいえ、それぞれの状況、それぞれの環境の中で

どんな家族も、新しい生活のスタートに向けてもがいているのが

桜の咲く時期かとも思うのです。

 

誰の方がタイヘン、という話ではなく

それぞれにタイヘンとシアワセの両方がある。

あなたはいいわよね、って言うのではなく

どんなご家庭とも、ご家庭の視点で笑い泣き、向き合っていきたいと思うのです。

 

++++++++++

4月からの復職が決まった友人に、こんな内容のメッセージを送りました。

160323

 

復職してしばらくは、ばたばたで何もできなくて当たり前って

そう思っていることをおすすめします。

日々を送るだけですごい!!

仕事が仕事らしくなるのは3ヶ月過ぎくらいから、と

一般的な復職体験談では言われることが多いですが

期間については個人差が大きいし、

仕事内容と職場環境の変数の要素が大きいので、まぁ目安です。

だから、3ヶ月過ぎても、何もできてないなぁと感じたとしても

決して焦らないでくださいね。

先を見て邁進できる時期もあれば、足元を見て一歩一歩進む時期もあるもの。

 

それから、家庭でも、職場でも

できることと、できないことは

はっきりと意思表示できると、お互いに、もやもやが少ないかもしれません。

大事なのは、「できないこと」だけじゃなくて

「できること」もちゃんと伝えることかなぁ。

こういうやり方ならばできます、とか。

日にちを改めたらできます、とか。

 

そして、こどもに申し訳ない、って思わないこと。

こどもの様子を、ちゃんと見て置くことは大切だけれど

「申し訳ない」「かわいそう」って思っていたら

その気持ちが伝わってしまいます。

「慣れない生活にがんばっているんだね」

「ママと過ごすのとは違う良さもきっと見つかるよね」と

そんな気持ちで向き合ってあげてください。

++++++++++

 

多くの人たちが、胸を張って新しい季節を迎えられますように。

 

こどもにどんな風に復職を伝えたいのか、という記事も書きました。

【復職準備】新生活のこと、こどもに話していますか?