こどもに伝わる言葉1:駅の表示に思う

言葉の引き出し

駅のホームにあった「非常用ボタン」が目に留まりました。

2種類の説明文がついていたからです。

1つは普通の説明文。

もう1つは、ひらがなが多く、たぶん、こども用として書いたのだろうと思われました。

緊急にご用の方 または不審なものを発見したときは、よびだしボタンをおして 駅係員とインターホンでお話ください。 きんきゅうにごようのかた または ふしんなものをみつけたときは よびだしボタンをおして えきかかりいんと インターホンでおはなしください。

でも、もしそうだとしたら、せっかくこども用の文章を別に作ったのに

これでは、なかなか伝わりにくいなぁと思ってしまいました。

 

もしかして、作り手の意図は別なのかもしれませんが、

ひとまず、「こども用」だと仮定して、この文章を少し見てみよう思います。

 

この「こども用」の文章、ただ、漢字をひらがなに置き換えるだけでなく

「発見したとき」を「見つけたとき」と言い換えたりしていて

より分かりやすくしようという気持ちが感じられます。

 

でも一方で、「緊急」「不審」など、「発見」よりも、もっと難しそうな言葉がそのまま残されていて、

適当な言い換えの言葉を思いつかなかったのかしら、と思えてしまいます。

 

では、「緊急の場合」をどう言い換えたらいいのか考えると、

「急ぎの場合」「急いでいるとき」「とても急いでいたら」・・・という言葉でしょうか。

 

が、これだけでは、何に対して急いでいるのかが分かりません。

(こどもならば、急いで電車に乗りたい時に押す、と思ってしまうかもしれませんし。)

 

そうすると「駅の人に急いでお知らせしないといけないことがある時」というのが、より的確な言い換えでしょうか?

・・・それってどんな時?

 

自分の大事なものをホームに落としてしまったとか、誰かがホームに落ちたとか、

病気の人がいるとか、そういう時でしょうか?「ふしんなもの」を見つけた時も、含まれそうです。

たぶん、総じて「自分の力で解決できない時」だと思われます。

 

あれ、そう考えるとこの文章を、こどもが理解できるように書き換えようと思うと

「何か、困ったことがあって、駅の人に知らせたい時は、インターホンを押して・・・」と

言うことになりそうです。

すっかり原型を留めなくなってしまいました。

 

こどものための説明をすると、自分の理解が深まる、というのは、こういうことだと思います。

大人同士は、なんとなく耳障りの良い言葉で伝えれば、自分の中で適宜補って理解しますが、

こどもに伝えるには、「本来これってどういうこと?」「何を伝えたい?」という

そもそもに立ち返る必要があるのです。

 

キッザニアで、こどもたちに「しごと」を説明する時、

いつもこの課題に向き合ってきました。

それぞれの「しごと」の意義や目的について、

大人として何となく分かっているつもりだったことも

こどもに伝えようと思うと、改めて「そもそも」から見つめなおさなくてはいけないことを

日々経験してきました。

 

大事なことこそ、こどもに伝えること、そのことで、本当に自分の理解が深まります。

(この話、もう少し続けます。)