プロフィール

代表:しみずみえ

こどもの育ちとあそびの専門家。
玩具メーカーでの企画開発、KCJ GROUP 株式会社でのキッザニア東京の創業、こども向け体験講座の企画運営、保育園の立ち上げ支援などに携わる。
現在は、あそびを通して、おとな・こどもが共に自分らしさを育むことを目指し、こどものための遊びプログラムの提供 及び こどもに関わる大人のための講座や研修を行う。

著作『あそびのじかん-こどもの世界が広がる遊びと大人の関わり方』英治出版

〔学び・所得資格〕
保育士・チャイルドマインダー・メンタル心理カウンセラー
童具館 認定講師・Touch Hugインストラクター

〔略歴〕
2000年   慶應義塾大学商学部卒業
2000~05年 玩具メーカー エポック社にて就業
      〈総務部 及び 玩具の企画開発に携わる〉
2005~13年 キッズシティージャパン(現KCJ GROUP)にて就業
      〈キッザニアの創業・コンテンツ開発・新規事業開発等に携わる〉
2014~15年 ボストン在住
      〈在米日本人向け「おはなし会」を主催〉
2015年   こども×おとな×しごとプロジェクトとして業務開始
2016~20年 個人事業と並行して、フレーベル館にて就業
      〈認可保育園の立上げ・保育活動支援・子育て支援等に携わる〉 


<これまでの活動と想い>

私に居場所を作ってくれたのは、こどもたちだった

こどもと関わる活動を始めたのは、高校生の時です。
学校で居場所を作ることを難しく感じていた頃、「おもちゃライブラリー」のボランティアで出会ったこどもたちが真っすぐに私を受け入れてくれたことが、何より嬉しかったのです。その喜びが、その後も、私を活動へと駆り立てたように思います。
おもちゃライブラリーをきっかけとして、高校から大学の間、こどもたちとの活動に、いくつも取り組んできました。ぱっと思い出すだけでも、地震後の地域で遊ぶ活動。野外キャンプリーダー。人形劇・影絵劇の公演。養護施設の訪問。小学生向けサマースクールの運営。・・・と、いくつもの団体の活動にご一緒させて頂きました。(運営を立ち上げるところから関わった活動もあります。)SNSもなかった頃です。福祉センターのチラシや、知り合いの紹介や、自治体の広報紙から、こども向けの活動の情報を見つけ、電話で問い合わせ、そして、参加していたはずです。
それだけの手間をかけてでも、活動の場を求めていました。私の居場所と役割がある、そのことを、本当に有難く感じていました。

しみずみえ学生時代

目指したいと言えるものがない私だから、目指せることがある

そして迎えた就職活動。
その頃、自己分析の1つとして、幼い頃からの自分の好きだったことを振り返ることを勧められました。好きだったことは思い出せたし、1つ1つに懐かしい記憶もあったけれど、自分のこれからの仕事に結び付けたいと思うほど、強い「好き」は思い至りませんでした。小さい頃から持ち続けた夢とか、何時間も集中できるくらい好きなこととか、そう思える対象が浮かんでこない自分が、無趣味で、面白味がなくて、空っぽな、つまんない人間のように思えて、何だかがっかりしました。
そして、がっかりした気持ちの底で、せめて私が胸を張って「ずっと続けてきた」って言えるものがあるとしたら、それは、こどもと関わることしかないよね、と、改めて気づきました。

その時に思ったのです。
これから大人になるこどもたちが、今の自分みたいな思いを味わうことのないように。仕事を選ぶ時の指針になるくらい、大好きでわくわくする何かと出会えるように。そのために、こどもたちに、楽しいものを、沢山沢山提供できることを仕事にしようって。
「目指したいことが見つからない」って思って、その虚しさを味わった私だからこそ、これから大人になるこどもたち、ひとりひとりが、好きなことを見つけることのお手伝いをする人になることを、目指せるんじゃないかな、って。


企画開発は、モノに想いをのせる仕事だった


そして、玩具メーカーでの仕事を始めました。
おもちゃ、というモノを通して、楽しいこと、大好きなこと、ずっと熱中できるものに、こどもたちが出会ってくれたら、と思っていました。
担当した商品は20以上。手作りを楽しむもの、ままごとセット、おしゃれを楽しむもの、英語などの新しい知識に触れるもの・・・とジャンルも多岐にわたります。自分が関わることのできる領域が広い、魅力的な仕事でした。担当した商品で、こどもたちはどんな風に楽しむだろうかと、遠くの誰かに想いを馳せながら、企画を考えていました。
でも同時に、こどもたちと直接出会えないことに、ちょっぴりの歯がゆさも感じていたのです。

キッザニアを知った時「私が目指していたものがここにある!」と思った

そんな生活の中、目にした小さな小さな新聞記事。
〈こどもが遊びを通して仕事の体験ができるテーマパークを開設〉
私が就職活動の頃にぼんやりと考えた「将来につながるような好きに出合う」をまさに直接的に実現できる場所だ、と思いました。私が目指していたものがここにある!と、ひらめきのようなものがあって、一緒に働きたい、と、すぐさま電話をかけたのです。
それが、キッザニアでした。
そして、企画スタッフとして、立ち上げに携わりました。

キッザニアでの仕事は本当に楽しかった。自分が頑張れば頑張っただけ、何かが形になっていく、そして、こどもたちの真剣な表情を毎日観ることができる、働きがいのある職場でした。

こどもに伝えたいのは、自分の将来をわくわく思い描く気持ち

キッザニアは「お仕事体験テーマパーク」と呼ばれ、ここで将来の夢が見つけられる、なんて言い方でご紹介頂いた頃もありました。でも、キッザニアで生き生きと過ごすこどもたちの姿と出会ううちに、将来就きたい職業に出会うことは、キッザニアの本質的な役割ではない、と、私には思えてきました。

もちろん、キッザニアのメインコンテンツは仕事体験です。ただ、そこでこどもたちに感じてもらいたいことは、「●●の仕事が楽しかったから、将来●●になろう」ということだけでは終わらないんじゃないか。「仕事って、自分も楽しくて、誰かにも喜んでもらえる、すてきなことだな」という、全ての仕事に共通する喜びであり、誰かと共に生きることの根っこなんじゃないか、という考えが、日に日に強くなりました。

キッザニアで過ごす体験が、こどもたちにとって、自分の将来に想いを馳せるきっかけになっていることも確かです。
もちろん、こどもたちは、キッザニアで体験できる仕事が世の中の全てではないことは知っていますから、キッザニアの仕事の中から、自分の将来の職業を選ばなくてはいけない、とは思っていないでしょう。ただ、パソコンを使ったり、料理したり、作ったり、身体を動かしたり、自分であれこれ考えたり、誰かと協力したり、・・・と、キッザニアで楽しく味わった経験と、「仕事」にはつながるものがある、ということを知ることは、将来の仕事への期待感を抱かせるには充分だと思うのです。

同様に、自分の将来に想いを馳せるための材料は、キッザニアの中だけでなく、もっともっと色々な所で探せるんじゃないか。例えば、自然の中で遊ぶことや、虫を観ることや、雲の動きを眺めることや、乗り物に興奮することや、おいしいものを味わうことや、音を奏でること・・・。そんな身の回りのことへの興味や不思議を存分に味わったり、没頭したり、同じように興味を極めた大人に出会ったりすることで、大人になることをわくわくする気持ちは育つんじゃないか、そう考えるようになりました。

1人1人がそれぞれに興味を持ち、夢中になり、世界が拡がるきっかけを見つけられる活動をしていきたい、改めて、そう考えるようになったのです。

田植え体験

働くことのわくわくを伝えたい相手は、こどもだけじゃない

また、キッザニアで、こどもたちに「働くことの魅力」を伝えながら、もう1つ、考えていたことがあります。それは、こどもたちが、大人になることにわくわくできるためには、彼らの一番身近にいる大人たちが、自分の仕事に魅力と誇りを抱いていることが、きっと大切に違いない、ということでした。
でも、現実問題としては、小さなこどもがいる親たち(特に母たち)は、家族との時間、こどもとの時間と、仕事とのバランスにアタマを悩ませ、働く自分に誇りが持てないことも多くあります。親となり、私もその現実に直面しました。

だからこそ、こどもたちに、「どんな仕事も、誰かのお役に立つことができ、喜んでくれるものがあり、そこに、誇りとやりがいがある」と伝えてきた、そのメッセージを、僭越ながら、大人たちにも、伝えたくなりました。みなさんのお仕事、すてきですよ、って。

そんなことを考えて、自分の仕事の場を、キッザニアの次へと、移すことにしました。

いくじの窓口

こどもの育ちと遊びの専門家として

今は、「こどもの育ちと遊びの専門家」、という言葉で、自分の仕事の在り方を、伝えています。子どもたちが、好きなこと・深めたいこと・得意なことを見つけるためのヒントは、やっぱり、「あそび」の中にあると思うのです。
遊びを通して、好きなこと・深めたいこと・得意なことを見つけられたらいいな。そして、そういう「好き」を持っていることが、自分を肯定する気持ちにつながればいいな、と考えています。

電車ハカセ。恐竜ハカセ。虫ハカセ。おしゃれさん。踊り好きさん。読書家さん。並べるのが好きな人。比べるのが好きな人。作るのが好きな人。おしゃべりが好きな人。

自分らしさ、と言えるくらいの「好きなもの」を見つけて、自分は自分だからOK! って思えたら、きっと、自分らしく生きられると思う。

結局、最初のところに戻ってきました。
大好きなものを見つけること。
大好きなものを持っている自分を肯定すること。
そして、自分らしさに誇りをもって、自分らしく生きること。
たくさんのこどもたちと、大人たちが、そんな風に生きていけるように、1人1人のこどもと向き合っていきます。