おまつりで「お店屋さん」2:3年生の男の子編

武将コースター

昨日のブログで、こそだてビレッジの夏祭りのエピソードをお伝えしました。

5歳のムスメはレモネード屋さんのお手伝いをして

自分でお仕事してお金をもらう、という達成感を存分に味わいました。

 

一方、3年生のムスコです。

「こどもたちが売るレモネード」というアイディアを聞いた時

ふと、ムスコに「何かお店出してみる?」と声をかけてみました。

本人はやる気満々。

スタッフさんに「お店出してもいい?」とお願いし、

ムスコは自分で1コーナーを持たせてもらいました。

 

ムスコのコーナーで販売していたのは、武将のコースター。

武将コースター

裏がシールになっているフェルトにあらかじめ描いたものを机一杯に並べ

更にリクエストに応じて、丸いコースターにその場で武将の絵を描くライブ・パフォーマンス(?!)にも応じる、

という力の入れようでした。

 

大人の人たちのリクエストで、武将の絵を描く。

記憶の曖昧な大人には「真田昌幸でいいですか?」とか、推測してご提案もする。

聞かれれば武将についてのウンチクも語る。

ただ、黙って商品を並べるお店屋さんではなく

彼は、お商売をしていました。

 

お昼ご飯の間だけは、妹が店番をしていましたが

(その間は1枚も売れませんでしたが)

それ以外は、ほぼずっと、お店に座っていました。

後半、お兄ちゃんに憧れを抱くちびっこ少年たち(しかも数名)が

まとめ買いをしてくれたらしく、机一杯に並んでいたコースターは

残数を目で数えられるくらいに減っていました。

 

50枚を売り上げたそうです。

「はい、かーさん、これ。」と

お昼ご飯代5RPを、自分の売り上げの中から支払ってくれました。

 

 

実のところ、母としては、ちょっとうまく出来すぎちゃったかも、って思ったくらい。

「興味を持つ人はいても、実際に買うところまでは至らないものだから

思った程売れなくてもがっかりしないことだね」、と事前に伝えていたのに

予想に反して、ちょっとうまくいきすぎてしまいました。

 

ともあれ、この日、ムスコが感じたこと・学んだことの深さと広さは、計り知れません。

そして、この経験は、親だけでは実現できなかったこと。

親ではない、沢山の大人たちとの関わりがあったから頂いた沢山の学びに

改めて感謝の気持ちを持つのでした。