誰かの役に立つ喜び

葉っぱ

葉っぱが色づき始めました。

小学校の前や、緑道を通ると、赤と緑、黄色と緑に色の混ざった葉っぱが道端に落ちています。

 

葉っぱを拾うことが好きなこどもが多いです。

娘も歩く道々、葉っぱを拾い始めましたが、この日は少しいつもと違いました。

「先生にあげなきゃいけないの。」そう言いながら、大事に集めています。

 

そうでした、保育園にお迎えに行ったら、活動記録に書いてありました。

――公園に行った時に、「先生は、今木の実や葉っぱを集めているから、

――拾ったら、ちょうだいね。」とお願いしたら、みんな沢山集めてきてくれました。

娘は帰宅の時も、先生の頼みをきいてあげよう、と考えてたようです。

 

こどもたちって、大人が思っている以上に、

お役に立つことや感謝されることを、大切にしています。

自分のことだってまだ充分でない時なのに、大人やお友達、

まわりの人たちのお手伝いをしようと手を出す姿を見かけます。

「お手伝いしたい」という想いが、とても強いのです。

 

忙しくしていると、つい大人の目線で考えてしまうので

「お茶をこぼさないで!!」とか

「台所に入ってきたら危ないよ。」とか

「玄関のクツを散らかさないで。」とか

言ってしまいそうになるのですが、こどもがどうして、「やろうと思ったのか」考えると

いたずら心ではないことに気づきます。

 

 

家族みんなのコップにお茶を注ごうと思ったのかもしれない。

ママのお手伝いがしたかったのかもしれない。

出掛ける前に、家族のクツを用意しようと思ったのかもしれない。

 

「したこと」ではなく、「しようとした想い」に目を向ければ

きっと、こどもの意欲や思いやりが見えてきます。

 

 

大人が思っているよりも、こどもはみんなのお役に立ちたいと思っているのです。

そして、できる、と信じて、それを実践しています。

誰かに喜ばれる喜びを知っています。

 

こどもの想いに目を留めて、

「ありがとう。助かったわ。」って声をかけたいものです。

そのことの積み重ねが、こどもがいつか仕事をすることにもつながると思っています。