【小さな遊び】素材から広がる遊び:小さな紙袋

[あそびのじかん]というfacebookページを運営しています。

あそびのじかんfbページ

『あそびのじかん』出版を機に
発信を始めたページです。
日々の小さな遊びの風景に目を留めたり、
遊びについて立ち止まって考えたりすることが目的。
また、 私の感性も磨き続けていたいと想い、更新しています。

ある時期、1つの素材から
どんな風に遊びが広がるかを
いくつかの素材で試してみました。
個々の工作のネタ紹介というより
遊びって、こんなにも
拡がる可能性があるんだ、ってことを
お伝えできれば、と思っていました。

facebookに投稿した「遊びの風景」を、
こちらでも随時ご紹介します。


9月13日
【あそぼう!】
小さな紙袋編1

小さな紙袋がある。
たくさん ある。
白くて薄くて
ハガキより小さいくらい。

何に使おうか。

紙袋だ。
中にモノが入る。
何を入れたらおもしろいかな。
ライトを入れてみる。

明かりが透ける。
模様を描いたらどうなるかな。

紙袋は たくさんある。
納得がいかなくても大丈夫。
何枚でも何枚でも やりなおせばいい。

うん。いいんじゃない?

9月14日
【あそぼう!】
小さな紙袋編2

目途がたたないままに始めた
「紙袋の活用」。
手を入れてみる。
キツい。
サイズが小さいからキツい。

ならば穴をあけてみよう。
指を出す。
うさぎの耳?

足にするのはどうか?
絵の作り方が難しい。
(母あきらめ、子に描いてもらう)


9月15日
【あそぼう!】
小さな紙袋編3

「中に何かが入っている」
「白い」ということで
たまごは、どうだろう??

たまごから生き物が出てくるのは
常識的な発想だけれど
たまごから手裏剣が出てきたり
たまごから宝石が出てきたり
たまごからどんぐりが出てきたり
それぞれ好きなものを入れて
「何が出てくるのか?」と
開けてみたら楽しそうだなぁ。

〈たまごからヒヨコ〉
というのを、私が作ったとして
「やりたい。やりたい。」って言って
ワニとかカエルとか、色々な生き物作って。

そのうち、どんぐりとか、ビーズとか
好きなものを入れ始めて。

とっておきのものを中に入れようと
あれこれ部屋の中を探し始め。

「おたから」を探して
飽き足らず、作りはじめて。

そのうち、〈おたから作り〉に夢中になる。

・・・そんな想像をしてみても
こどもの発想は、更に超えてくるんだろうなぁ。


9月19日
【あそぼう!】
小さな紙袋編4

ぺたんこな袋は
底を折るとマチができる。
上を切って、持ち手にする。

ぺたんこの袋に
何も材料を足さなくても
ちびバッグに変身。

アメちゃんとか
どんぐりを入れたら
ちょうどいいかな。

「コレ」を作ることを
目的にするというのではなくて
形が変わるねーという面白さを感じて
それが、自分で手を動かしてみることへの
興味につながったらいいなぁ、と思う。

ぺたんこ袋が
マチ付バッグに変身。

作る、ことのオモシロさが
自分で手を動かしてみようという
気持ちにつながればいいなぁと思う。

小さいうちに、
「面白いことは、自分で作り出せる」
・・・って、実感を持つと
先々 楽しいんじゃないかなーと
思うんだよね。