働く現場とこども1:働く姿をこどもに見せる

働く母の姿

幸せなことに、我が子に働く姿を見てもらえた経験があります。

 

週末、1時間の予定の打合せ。内容は、受託していたスタッフ研修の実地トレーニング振り返り。

家族も別の予定でこどもを頼めず、1時間程度、こども同伴でも良いかと先方に打診すると、

「週末にまでトレーニングフォロー頂き有難いくらい」と、快いお返事を頂くことができたのです。

 

その日は午前中に、2人のこどもと目一杯公園で走り回り、お昼ご飯をすませ

打合せ時間から逆算して、1歳半の娘を抱っこで寝かしつけ、開始10分前から昼寝。

4歳の息子とシールブックや塗り絵を選び、買ってもらったばかりで早く使いたい気持ちを

お話合いが始まったら遊んでいいからね、と焦らしつつ、打合せに臨みました。

 

結局議題が増えて、2時間半を超える打ち合わせになりましたが

娘は空気を読んで長く眠り続け、

シールブックを使い切った息子はホワイトボード一杯に恐竜の絵を描いて、

最後は、先方も一緒におやつを食べながら、何とか乗り越えることができました。

 

4歳の息子にはもちろん、1歳の娘にも、母は今日は仕事であること、

おじさまと大事なお話があり、その間は静かに待っていてもらいたいことを伝えていました。

 

私の場合は、こどもに関わる仕事でもあるので特殊な事情ですが

仕事をする母の姿、それも、打ち合わせという舞台裏の部分をリアルにこどもに見てもらえたことは

親子にとって幸せな経験でした。

いつもと違うトーンで話をする母の姿を、息子がどう思ってみていたのかは分かりませんが

 

母の空気感が何か違う、という、それを感じてもらえただけでも、

何か、働いている、ということへの実感を持ってもらえたのではないかと、期待しています。

 

誰にでもおすすめできる経験ではありませんが

家庭にいるだけではない、いつもと違う父や母の姿を感じるところから

仕事ってものを伝えることは、親子がお互いに分かり合える1つのきっかけになると思うのです。