プロフィール

代表:しみずみえ

玩具メーカーでの企画開発、KCJグループ㈱でのキッザニア東京の創業、

こども向け体験プログラムやキャリア教育プログラムの企画運営などに携わる。

2009年より、「こどもと遊び」をテーマとした各種ワークショップを実施。

2014~15年ボストン在住。現地でのこども向けプログラムに触れる傍ら、

在米日本人向けの「おはなし会」を主催。

 

現在は、おとな・こどもが共に自分らしさを育むことを目指し

親子で絵本や遊びを味わうワークショップの企画・運営や、保護者向け講座、

こども向け体験プログラムの企画などを行う。

著作『あそびのじかん』(英治出版)。

 


<これまでの活動と想い>

高校1年生の頃から大学を卒業するまで、ずっと、こどもと関わる活動をしていました。

「おもちゃライブラリー」のボランティアから始まり、

地震後の地域でこどもたちと遊ぶ活動や

人形劇・影絵劇の公演、養護施設の訪問、野外キャンプリーダーと

こども、というキーワードがあれば、いつも飛び込んでいました。

しみずみえ学生時代

そして迎えた就職活動。その頃、自己分析の1つとして、

幼い頃からの自分の好きだったことを振り返ることを勧められました。

 

好きだったことは、ちゃんと思い出せたし、1つ1つに懐かしい記憶もあったけれど

自分のこれからの仕事に結び付けたいと思うほど、強い「好き」には出会えず。

最初は、自分が空っぽな気がして、何だかがっかりしました。

でもその時に改めて、私が胸を張って「ずっと続けてきた」って言えるものって

こどもと関わるものなんだな、と気づきました。

 

その時に思ったのです。

これから大人になるこどもたちが、今の自分みたいな思いを味わうことのないように。

「これが大好き」「生きてるって楽しい」って思えるような、わくわくする何かと、ちゃんと出会うために。

こどもたちに、楽しいものを、沢山沢山提供できることを仕事にしよう。

 

こどもの心に明かりを灯そう、って。

 

そして、玩具メーカーでの仕事を始めました。

おもちゃ、というモノを通して、楽しいこと、大好きなこと、それから先もずっと熱中できるものに

こどもたちが出会ってくれたら、と思っていました。

 

そんな時目にした小さな小さな新聞記事。

「こどもが遊びを通して仕事の体験ができるテーマパークの計画」

それがキッザニアでした。

 

すぐさま電話をかけていました。

KidZania

キッザニアでの仕事は本当に楽しかった。

そして、キッザニアの盛況を見て、多くの企業が「おしごと体験」というイベントを始めました。

仕事を垣間見ることが、こどもにとって、すごく魅力的だってことを、多くの人たちが実感し

その魅力を知る人が拡がっていることを、ありありと感じました。

 

今でも、こどもたちが色々な経験の中から

自分にとっての「わくわく」を見つけたらいいな、という想いは変わりません。

自分にとっての「わくわく」の発見が人生を楽しむ姿勢や、将来の仕事を選ぶことへと

きっとつながると思っています。

田植え体験

同時に、こどもたちの一番身近にいる大人たちも、自分なりの「わくわく」に出会えたらいいのに・・・

そう思うようになりました。

こどもたちが何かに「わくわく」する気持ちに共感するために。

そして、大人たち自身が、自分の「わくわく」を見つけ直して自分の人生を楽しむために。

 

キッザニアで伝えたかったことを、もっと色々な場面で伝えたい。

こどもにも、おとなにも、伝えたい。

私の言葉で、私の想いで、私なりの方法で、伝えたい。

そう思って、キッザニアを離れ、小さなスタートを切ることを決めました。

いくじの窓口

こどもだけでなく、おとなも「わくわく」に出会うために、私ができることは「あそび」。

 

だから、今は、おとなも、こどもも、どちらも本気になれる「あそび」の場所や形を作っていくべく

模索中です。

 

大人も、こどもも、関係ない。

「自分の生き方、いいな。」そう思える人が増えたら、すてきです。

そう思えるきっかけを、どんな風に作っていこうかと考えて、少しずつ形にしていきます。