失敗することを おそれない

失敗を恐れない

失敗しない程度に

傷つかない程度に

批判されない程度に

ほどほどに、うまく、やっていれば

大きな困難には出会わないかもしれない。

けれど

心震えるような大きな喜びにも

出会えないのかもしれない。


あそびのじかん

『あそびのじかん-こどもの世界を拡げる遊びと大人の関わり方』を、出版して、もうすぐ2ヶ月です。

読んでくださった方からは、感想も伝えて頂き、嬉しい想いを感じています。

でも。

何かまだ足りない気がするのです。

「私が」、足りない。

「私が」、頑張りきれていない。

 

もっと必死に、本のことを伝えたり

知ってもらえるよう努めなきゃいけないのに

どこかで、足がすくんでいる。

 

そもそも・・・。

こどもに関わる人たち、1人1人のお母さん・お父さんに

お伝えしたいメッセージがあったから、本を出版したのでした。

だから、1人でも多く、お役に立つ人の元へ届けたい。当然のこと。

 

それなのに、

自分からオススメしたり

宣伝してねって伝えたり

アピールすることを

どこかで恥ずかしがっている私がいました。

 

せっかく沢山の方のお力を分けて頂いて、形になった、メッセージです。

どうしたらいいのか、よく分からないけれど

自分にできる限り、思いつく限り、堂々と、本のことを伝えていこうと思いました。

 

うっとうしいって思われたり、自意識過剰って思われたり

そのことを恐れていたら、自分の想いなんて、誰にも伝わらない。

どう頑張っていいのか方法が明確な訳ではありません。

ただ、精神論みたいになっちゃいますが、

結局は、「私自身が伝えようとする想い」の強さ・大きさが、問われてくるのかもしれない、と感じています。
かっこつけてる場合じゃない。

なりふり構わない感じがいい。

ちょっとカッコ悪いくらいを目指していこうと思います。がんばれがんばれ。