プロジェクトの想い

こども×おとな×しごとプロジェクトでは
こどもも、おとなも、誰もが自分らしく生きることを
大切に考えています。

こども×おとな×いきる、ではなく
こども×おとな×しごと、と掲げているのは
ただ「生きる」のではなく、「人と関わりながら生きる」ことを
意識しているからです。

私の考える「しごと」は、
誰かに喜ばれることを自分の喜びにできること。
職業のことだけではないし、必ずしもお金を稼ぐとも限らない。
自分の生きているところで、自分の役割を見出せることです。

そして、自分らしい役割の在り方は
「あそび」の中から、見つけられると思うのです。

個のチカラを発揮することが求められていく時代になります。
きっと、他者と比べるのではなく、ありのままの自分を肯定することが
必要になっていくでしょう。
その時に、自分が好きなこと・深めたいこと・得意なことを持ち
実際に、そこに打ち込んだ時間と蓄積のあることが
自己肯定の拠り所になると考えています。

こどもたちが自分で自分を承認できるように
こどもたち1人1人が心惹かれるものを探すこと
夢中になるチカラを育てていくこと
自分の楽しみを自分で創り育てられることを
目的とした取り組みを行っています。

おとなも、こどもも、自分らしく在ることを
あそびを通して実現していきます。